So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大喜建設 安全衛生協力会 [お知らせ]

いつもお世話になっております。
品質安全環境部の勇です。

去る8月2日、ノボテル甲子園にて第1回定時総会が行われ「安全衛生協力会」が
発足しました。

安衛協 1.JPG

当会の事業目的は、
・労働災害防止のための研鑽
・上記の目的に対して著しく貢献のあった会員の表彰
・会員同士の親睦を深める
です。

26社のお取引先様からのご理解を得て、この度の発足となりました。

総会では、会則、役員他2議案の審議が行われ、いずれも満場一致で承認可決されました。

又、会員の表彰が行われ、株式会社コウヅキ様とワタナベ忠電株式会社様が表彰されました。

安衛協 2.JPG

総会及び役員会のあとは、会長(株式会社森岡組様)の乾杯のご発声で懇親会が
始まりました。

今回、残念ながらお仕事の都合で、4社の会員が欠席となりましたが、会員相互の
親睦が図れました。

最後は、副会長(神戸宇部産業株式会社様)の1本(1丁?)締めで散会となりました。

ご参加いただきました協力会社の皆さま、本当にありがとうございました。

また今後とも宜しくお願い申し上げます。

nice!(0)  コメント(0) 

彼女はジョーズ [社員ブログ]

こんにちは、工事部の河野です。

今月のテーマは「夏の魚といえば」です。

食べる魚で「夏の」というのでは、あまりピンと来なかったので、いろいろな角度から
考えていると夏祭りの金魚にたどり着きました。

しかし#133さんに先を越されてしまっていたので残念です。

そこで思いついたのが、USJの「JAWS」です。
河野1.jpg

昔はキャーキャー言って乗っていたこのアトラクションも、今では昔ほどの人気は無く
すぐ乗れる・座っているだけなので、休憩がてら休む目的で乗るようになりました。

しかし僕の記憶では、夏の期間は水の量が増え、魚(サメ)が出てきたときに
ビショビショにされた覚えがあります。

JAWSにまつわるエピソードはそんなもんですが、そもそもサメは魚なのか、今月の
テーマ的にセーフなのかアウトなのか調べてみると、ギリ魚みたいなので安心です。

最近サーフィンにハマっており、波が来るのを集中して、気付けば沖の方の足が
届かないところまで流されていることがあります。

河野2.JPG
自分の近くで、こんなのが泳いでいると考えたらギョギョっとしますね。

nice!(0)  コメント(1) 

深海魚おじさん [社員ブログ]

こんにちは工事部の守下です。

先週8月7日には立秋を迎え、最近特に日が暮れるのが早くなり夏の終わりを
感じていますが、残りわずかの夏を楽しめたらと思っております。

今月のお題は「夏の魚といえば」ですが、今月も難しい????

鰻や鱧や穴子と蛇に似たような美味しい魚がいますが、この魚を一番最初に
食した先人たちの勇気に感謝したいものですね。

そんな魚を食べようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

多分興味本位が一番の理由だったんでしょうね。

何年後かには未知なる深海魚たちが夏の魚として食卓に上がっていると思います。
(深海は四季が関係ないかも?)

勇気ある先人になりたい方は深海魚おじさんまで申し出て下さい。。
守下1.jpg

話はそれましたが、強いて言えば僕の中ではアジが一番だと思います

その中でも高級魚ですがシマアジでしょうか。
守下2.jpg
天然物だと1匹(1㎏程度)で6000円ぐらいするとか?

滅多に食することはないですが塩焼きにしても、刺身にしても納得できる美味しさです。

結局花より団子になってしまうのが魚にとって本望なんでしょう。

僕たちの欲求を満たしてくれる魚たちに合唱!

それでは来月までさようなら。
nice!(0)  コメント(1) 

淡路島 [社員ブログ]

こんにちは、工事部所属の西原です。
毎年暑さが増してきています。

毎日気温が34~36度、現場で作業していると堪えてきます。
子供達のプールが羨ましい限りです。

今回のテーマ「夏の魚」です。

関西地域では有名所は鱧や明石の蛸が思い浮かびます。

この時期は【土用の丑】もあって鰻も浮かんできます。
蒲焼&白焼き...香りから食欲がソソラレマス。

長もの繋がりで去年の出来事なんですが、家族で淡路島へ船釣りに行きました。

私が初めて大喜に入社して、レクリエーションの一貫で船釣りを教えて頂き、
その魅力にはまってしまい(強引に)家族にも薦めて初船釣りを経験しました。

その日は少し波が高く、皆船酔いしてしまいましたが、何回か仮眠をとったおかげで
見事に大物を釣り上げることが出来ました。

この時期の銀色に輝く太刀魚&季節外れの鰆です。
西原①.jpg
西原②.jpg

自分の背丈よりも大きな代物なので、引きぐあいにかなり健闘していましたが、
釣り上げた時には大興奮!(^^)!

今年はまだ行く予定が無いですが、また行ってみたいと思っています。

我が家の釣果です。
西原③.JPG

P、S:沢山釣れるのは嬉しいのですが、持って帰るのと&食するのが苦労しました。

以上...夏のサカナのご紹介でした。
nice!(0)  コメント(2) 

鮎の塩焼き [社員ブログ]

8月に入り、一段と暑くなってきましたね。

梅雨も明け、これから真夏日が続きますが体調管理をし熱中症対策をして下さい。

熱中症対策には、こまめな休憩や水分補給をして下さい。
工事部の藤本です。

今回のブログのテーマは、夏の魚と言えばです。

私の、夏の魚と言えば鮎です。
藤本1.jpg
藤本2.jpg
なぜ鮎なのかと言えば鮎の塩焼が大好きなので夏の魚と言えば鮎です。

鮎は、初夏から夏の季節を代表する食材として知られる魚です。
特に若鮎の塩焼きや天ぷらは、ビールによく合うので夏の魚と言えば鮎です。

私の田舎のまるやま川でよく鮎釣りをしている釣り人をよく見かけます。
藤本3.jpg
私も、釣りが好きですが鮎釣りをした事が無く一回でもしたい釣りです。
nice!(0)  コメント(2) 

残暑お見舞い申し上げます [お知らせ]

いつもお世話になっております。

弊社は、11日(金)から16日(水)まで夏期休業とさせていただきます。

暑さ厳しき折、皆様くれぐれもご自愛下さいませ。
nice!(0)  コメント(0) 

鱧・鰻・太刀魚 [社員ブログ]

みなさんお元気ですか~~~!!! 工事部の濵ちゃんです。

先月の上映映画の中で最も恐怖と興奮を感じたのは、
ザ・マミー~呪われた砂漠の王女~でした。

レイトショーで楽しんで来ました。夏の映画にはピッタリの内容でおススメですよ。
濱1.jpg

さて、今月のテーマは「夏の魚と言えば」と言うことで、私の出身は高知県の
小さな漁師町でしたので、肉より魚が大好物で特に、7月~9月に獲れる魚の中での
ベスト3は、第1位に「鱧(はも)」の湯引き梅肉か辛子酢味噌和えです。

お盆に帰省すると必ず、皿鉢(さわち)料理で出してくれます。
濱2.jpg

第2位に「鰻(うなぎ)」の蒲焼き・白焼き若しくは、鰻重です。
濱3.jpg
ウナギは夏バテ予防に効果的ですよね。

ウナギには消化吸収によいタンパク質と脂肪が多く、ビタミンAも豊富に含まれています。

それと夏に実家へ帰省すると「鰻ちらしソーメン」が出される時があり、これも絶品です。
濱4.JPG
今年の夏も食べたいものの一品です。

第3位に「太刀魚(たちうお)」の塩焼きがシンプルでとても美味しいと思います。
濱5.jpg

太刀魚は、脂ののってくる秋にかけてが旬で、この銀色に輝く体の表面はグアニンと
いう物質で覆われ、この材料は模造真珠やマニキュアの原料として使われるそうです。


今年も夏バテしないように夏に獲れる栄養満点の魚を食べて乗り越えたいものですね。
nice!(0)  コメント(3) 

天然ウナギ [社員ブログ]

皆様こんにちは。
井口です。

今月のテーマ『夏の魚といえば』それはズバリ、『ウナギ』です。
井口1.jpg

夏がウナギの旬かどうか知りませんが、今の時期ウナギを食べて元気を出そうと
ウナギ業界はかきいれ時です。

今年、私はまだ食べていません。
大好物ですが高価ですものね。
気軽に食べられるものではありません。

かつて猪名川上流沿いで病院建設をしていた時、この川で捕れた大きなウナギを
食べたことがあります。

当時この工事現場では職方の間で魚取りが流行。昼休みになると、近くの畑で捕まえた
青虫を釣り餌にした魚釣りの時間になります。私も何回か一緒に釣りました。

夕方になると毛バリでもよく釣れました。

ハヤやモロコの小魚、時には疑似ルアーの友釣りでアユを釣り上げる職人までいました。

ある日鉄筋工が立派なウナギを釣り上げました。
長さは1mほどですが直径が5~6cmもある丸々と太った大ウナギでした。

釣り方は簡単です。

50cm程の鉄筋クズの先に糸と針をセット、餌は近くの林の腐葉土を掘り起こして
捕まえた大ミミズです。

これを3~4セット川の中に仕掛け翌朝、大ウナギが食いついていたというものです。

この獲物をかば焼きにして食べようという事になり、次の日曜日、工事事務所に
物好きな職方と職員が集まり、早速料理開始。

焼くのは仮設事務所内の狭い湯沸かし室。

もうもうと上がる煙を我慢しながらうちわで煽り、ようやく焼けあがりました。
井口3.jpg
期待が高まります。醤油を付けていざ「ガブリ」。

ムムム・・・・しかし想像していたかば焼きとはかなりかけ離れた珍味でした。
石鹸臭いのです。

ウナギにとっては近くの住宅街から流れ込む残飯は格好の食事だったかもしれませんが
食器を洗う洗剤も食材にしていたようです。

この料理後1週間以上、事務所内は脂臭い煙の臭いが消えなくて困った思い出があります。

現在、ウナギは世界的に減少していて養殖用のシラスが不足。
シラスは超高価、キロ当たり300万円はするそうです。

資源保護のため、シラスの捕獲、販売に様々な規制をかけているのですが、
密漁、密売が横行。

これから私が食べに行こうと思ってるウナギも闇ルートのウナギかもしれません。

規制自体に反対している国もあるとのこと。

ウナギの卵からの完全養殖ができたらよいのですが、まだまだ技術的、コスト的に
難しいようです。

このままだと増々高価で手に届きにくい魚になってゆくかもしれません。
nice!(0)  コメント(2) 

夏に釣った魚 [社員ブログ]

皆さん如何お過ごしですか。

工事部の西しゃんです。

くれぐれも、もう一人同じような人が居ますのねで間違わないように(^v^)v

イヤ~8月を目の前にして非常にたまらなく暑い日が続いていますね。

この時期に外で仕事するのは、ご勘弁願いたいものです。

さて、今回のテーマ「夏の魚といえば」・・・?

魚好きな方はすぐに思いつくでしょうね。

スーパーに陳列されている“魚”

やっぱり、はもですか???

梅肉をあえて頂けば、さっぱりとして美味しいですね。

好き嫌いの多い魚ですが、皆さんは如何ですか?

幼少の頃は夏休みになると魚釣りをしていましたが、

良く釣ったのは“キス・カレイ・いか・たこ”などなど沢山思い出されますが、
めっぽう美味しいの”きびなご“です。

酢味噌で頂くのが最高に美味いですよ。

西元1.jpg

田舎では頂く機会は多いですが、こちらでは中々目にすることもなく、ブログを
書いていて思い出しました。

この夏季は帰郷しますので、沢山頂こうかな(^v^)v

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症には注意して夏を満喫してください。
次回は、帰郷のお話しでもできれば・・・・。

ではこの辺で、see you!!
nice!(0)  コメント(5) 

田舎での鮎の塩焼き [社員ブログ]

皆さん、暑い中お疲れ様です。

新入社員の大野です。

今回のテーマは「夏の魚といえば。」ということで・・・

僕が真っ先に浮んだのはハモでもウナギでもなく、やっぱりアユです。

大野1.jpg

僕の家では毎年夏が来ると、父の実家に帰り一度はアユの塩焼きを食べます。

塩焼きには、蓼酢(タデス)という苦みのある酢をかけて食べるのが通の食べ方だそうで
僕は幼いころからアユを食べる度に蓼酢をかけると「蓼食う虫も好き好き」と言う
ことわざを意味もなく父からよく聞かされたのを覚えています。(笑)

今年の夏休みも田舎に帰ってアユ食べたいと思います!!
大野2.jpg

以上、大野からでした!
nice!(0)  コメント(3) 
前の10件 | -